夕食を食べながらTVを見ていたら、阪神巨人さんの背の高いほうの方が、C型肝炎の早期治療のCMに出ていました

この方も、C型肝炎だったんですねぇ
知りませんでした

でも治療が出来て、本当に良かった…

C型肝炎は、早期発見・早期治療がとても大切です

手術をしていないからと言って、安心していてはいけません

昔は、簡単に輸血をしていたんですよ
自分が気づかないうちに、輸血をしている事もあるんです

是非、安心のためにC型肝炎の検査を受けてください

そして、もし感染していたら、すぐに治療にかかってください

お願いします

実は、わたしの母はC型肝炎が原因の肝硬変で亡くなっているんですよ

C型肝炎に感染する原因となった輸血を母がした日の事を、今も覚えています

小学生だったわたしが学校から帰ると、家の前にクリーム色のワーゲンが止まっていました
何だろうと思いながら家に入ると、敷かれた布団と、寝ている顔色をなくした母の姿が目に入りました
そして、その横にはお医者様と看護婦さん
母の手には細いチューブが繋がれ、赤い液体が母の身体に入っていく…

今も夢に見ます…

母は貧血で倒れ、往診ですぐに輸血されたのですよ

この、ただ1回の輸血が命を縮める事になるなんて、当時は思いもよりませんでした

でも、気付いた時にはもう手遅れだった肝硬変が、たった1回の安易な輸血が原因だった事に、堪らない思いを引きずっている家族がいます

もう一度言います
是非一度、肝炎検査をしてください

こんな思いをする家族が、これ以上増えないために…


宜しければ拍手をお願いします♪

お風呂に重曹

最後のブルーベリー

comment iconコメント ( 10 )

こんにちは♪

ご無沙汰しました。

カミさんのお母様のことお気持ちお察し致します。
家族にとってはやりきれない思いが残ってしまいますよね。
私の父はこの病気ではありませんでしたが私が6歳のときに病気で亡くなりました。
なので、少しでも体に異変を感じたりしたら考えてないで兎に角、病院へ行くようにしています。

今は色々な病気の情報も簡単にわかるようになっているし早期治療も可能ですものね。

名前: special☆rainbows [Edit] 2012-10-09 03:12

No title

こんばんはっ カミさん♪

こんな奇遇ってあるのですね。
ウチの父もカミさんのお母様とまったく同じです。
手術の輸血によってC型肝炎になり
53歳の秋に肝硬変で亡くなりました。

肝炎検査は1度も受けた事はないのですが
カミさんのお声掛けで受けてみようかなって気になました。
ありがとうございますっ!

名前: eko+ [Edit] 2012-10-09 03:49

special☆rainbows さま

おはようございます

本当に、今では早期発見すれば、治療出来る病気が増えていますから。
自分のためだけでなく、周りの人達の為にも、早めに調べる事が必要なんですよね。
大切な家族をなくすようなことがないと、なかなか気づけない事なんですが。
わたしだって、母の事がなければスルーしてしまったCMです。

名前: カミさん [Edit] 2012-10-09 07:25

eko+さま

おはようございます

eko+さまのお父様も、母と同じだったんですね。
突然倒れた母が肝硬変で、その原因がC型肝炎だったとわかった時、父があの時「輸血なんてさせるんじゃあなかった」とうめくようにつぶやいた声。
後悔してもしたりない、と今も父は言いますね。

是非、検査は受けてみてください。
肝硬変や肝癌の原因の多くがC型肝炎だった事が分かったのは、20年程前ですから。

名前: カミさん [Edit] 2012-10-09 07:49

No title

今日は
お母様の一回の輸血で大きな災難に遭われて、お気の毒でしたね。
夫は若い時肺結核の手術で輸血を受けていました。74歳に時にインターフェロンによる治療をしました。肝炎ビールスは消えましたが、既に軽い肝硬変を起こしておりました。以来体力が落ちて仕舞いました。
夫のC型肝炎が分かりましたのは手術後45年ほど後でした。
今日は良いお話をアップして下さり、有難うございます。

名前: 相子 [Edit] 2012-10-09 13:31

相子さま

こんにちは

旦那様もC型肝炎だったのですね。
でも、治療が間に合って良かったです。
本当に、何十年も気づかずに生活していて、その間に少しずつ身体をむしばんでいく恐ろしい病気です。
このブログを見てくださっている方の気に留めていただけたらと、書いてみました。

こちらこそ有難うございます。

名前: カミさん [Edit] 2012-10-09 15:56

No title

お母さまのこと、つらい思い出ですね。
現代の医療だったら・・と思うと、
悔やんでも悔やみきれませんね。

そんな経験をされたカミさんのお言葉、
ひしと受け止めましたよ。
私も年齢が年齢だけに、少しでもおかしいところがあったら
検査をするようにします。

名前: おばんです [Edit] 2012-10-10 11:20

おばんさま

あと5年発病が遅かったら、とか考える時がありますね。
特にC型肝炎は原因が特定出来るので、あの時にああしなかったら良かった、という後悔の念が強いと思います。
何十年も前の事を後悔しても始まらない、と判っていても駄目なんですよね。

名前: カミさん [Edit] 2012-10-10 13:22

No title

キャリアって言うんでしょうか?
発症してないし無症状だけどウィルスを持ってる?
よくわかりませんけど、妊娠した時にお医者様に何か言われた記憶があります。
母子感染はしにくいらしいのですが、弟も母からもらったみたいです。
弟は40過ぎまで知らずに過ごしたし
母も発症せずに今まで来てるし、お医者様に軽く流されたので気にしなくていいのかなーなんて思ってます。
母によると、私がお腹にいた時の妊娠中毒の治療の時にもらったんじゃないかということです。

知らない間に輸血で災難がふりかかり、
知らない間に体が蝕まれる理不尽は許せませんね。
お母様のご冥福をお祈りします。

名前: kage [Edit] 2012-10-12 07:06

kageさま

母子感染、そういう事もあるのですね。
妊娠中毒の場合は、血液製剤での感染が多いと聞きました。
ちょっと前の訴訟の方も、血液製剤でお母様のお腹の中で感染したと言っていましたし。

kageさま達が発病していなくて、本当に良かったです。
これからも、お気をつけください。

名前: カミさん [Edit] 2012-10-12 07:18

コメントの投稿






trackback iconトラックバック ( 0 )

Trackback URL:

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)