やっぱり読書ですよぉ

で、本棚から引っ張り出してきました

ご存知『宮部みゆき』さんですね(^。^)
もう十数年前から、新作が出る度に読んでいる大好きな作家さんですが、特に好きなんですよ、この人の書く江戸物…

どこか哀しくて暖かい、そして怖いんですもの…

昼間の暑さを忘れたような、冷え込んだ風が窓の隙間から入り込むような、秋の夜にぴったりの作品ですよ

さてと、蛍光灯を消して、スタンドの灯だけにして読みましょうか

飲み物はココア…
いえ、こんな夜に宮部みゆきの江戸物ですもの
トロリとした温かな葛湯
がよいでしょう


宜しければ拍手をお願いします♪

最後のブルーベリー

里芋バンザイ

comment iconコメント ( 1 )

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

名前: - [Edit] 2012-10-07 20:12

コメントの投稿






trackback iconトラックバック ( 0 )

Trackback URL:

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)