わたしの住む地域は、今日は盆の入り

そう、この辺りは7月がお盆なんですよ

でも、車で5分ほどの場所は8月がお盆なの

同じ町なのに、7月お盆の地域と8月お盆の地域があるんですよぉ

他県に住む友人が『面白い事しているね』と言っていましたけど

生まれた時からそうだったので、そういうものだと思っていましたね

20160713134405a7c.jpg

お盆のお花は決まっていて『ススキとミソハギ』

写真だとわからないけれど、ススキは先を切りそろえてあります

お仏壇だから、菊の花もちょっと添えて華やかに(-ω-)/

お墓の方のお花は、今朝その2種類だけで活けてきました

切りそろえたススキの意味は、ちょっと分からないのですけれど

ミソハギは『禊(みそぎ)』に通じて、悪霊を払う意味があるそうですよ

20160713134423f6e.jpg

仏壇もきれいにして線香の灰もきれいにして、果物を供えて

お迎えの準備は万端♪

20160713134350112.jpg

おっと、牛馬のエサを作らないとね

刻んだ胡瓜とナスにお米を混ぜて、今度こそOK

さあ、夕方には迎え火を焚いてお迎えです

落ち着き団子の準備をしましょうか



宜しければ拍手をお願いします♪

お盆が明けて

色づいてきました

comment iconコメント ( 20 )

そうですか
7月にお盆があるのですか。
それぞれに地域に根付いた風習は
大切にしたいですね。

カミさんの優しさがお供えの写真から伝わります。

名前: 森須もりん [Edit] 2016-07-13 16:45

森須もりんさま

こんにちは、森須もりんさま

田舎なので、こういう事はどこのお宅もしっかりとやるんですよ。
お盆に墓地に行くと面白いですよ。
見渡す限り、ススキとミソハギのお花です(*^_^*)

名前: カミさん [Edit] 2016-07-13 16:49

こんにちは、カミさん
地域に根付いた風習は、迷惑なこともありますが
地元の人にとっては、それが当たり前なんですね
この年になると「よいものなんだな」と思えてきます

この辺は、地元の方はいないので伝統的なことはないです
隣の地域になると地元の方が多いです

名前: ヨッシィー [Edit] 2016-07-13 17:34

こんばんは

そうでしたね。お盆が早かったんですね。
私の実家でも落ち着き団子に迎え火は ありますが
牛馬のエサ!?すごく気になります。
そして、ススキなんですね。
私の実家でも 色々 あるけど 離れてみたら懐かしく思えます。

名前: Bigサオリン [Edit] 2016-07-13 22:39

そうですか。そちらも七月盆ですか。
東京も一部は七月盆なんですね。
暦が太陽暦に変わった時の名残りのようですけど、
田舎のこちらは太陽暦移行にはさほど影響なく、
八月盆の風習が続いているようです。
胡瓜と茄子は牛馬の餌として供えるんですか。
爪楊枝を刺して牛馬に見立てるんじゃないんですね。

名前: matsuyama [Edit] 2016-07-13 22:47

関西にいた頃にはミソハギが目に留まりましたが
こちらにきてからは
あまり見かけないような・・・

ススキは見たことないですね・・・
しかも切り揃える???
帰宅してからネットで調べてみます!!

ミントの活用法
教えていただきありがとうございました!
氷を作るときにミントを入れるって方法
製氷部分にひとつひとつ入れるのでしょうか????

名前: マルチ君の母 [Edit] 2016-07-14 07:27

ヨッシィーさま

こんにちは、 ヨッシィーさま

お盆の行事の風習は、本当に地方毎に違いますものね。
でも、こういう事を受け継いで続けていくのも、良いものですよね。

名前: カミさん [Edit] 2016-07-14 10:28

Bigサオリンさま

こんにちは、 Bigサオリンさま

そうそう、ハスの葉を模したものにこうやって入れて供えるんです。
写真の端に映っているのが、胡瓜とナスの牛馬です。
全国的に備えていると思っていました。
違うんですね(゚д゚)!

名前: カミさん [Edit] 2016-07-14 10:31

matsuyamaさま

こんにちは、 matsuyamaさま

胡瓜とナスの牛馬もちゃんとありますよ。
その牛馬のエサなんです。
全国的な物ではないのですね。
ビックリしています。

名前: カミさん [Edit] 2016-07-14 10:33

マルチ君の母さま

こんにちは、 マルチ君の母さま

こうやってお盆のお花にするんですよ。
面白いでしょう(*^_^*)
ネットでススキとミソハギとお盆で検索すれば、出てくると思います。
お寺でのお盆の法要の時も、この2種類の花がメインに飾られています。

ミントは製氷の1個1個に入れて水を入れて凍らせるんですよ。
こうしておくと、すぐに使えて便利です。

名前: カミさん [Edit] 2016-07-14 10:38

こんにちは。

小さい頃に行ったおばあちゃんちのお盆。
きちんと支度をしてあって、少しかしこまって、いつもとは別の感じ。
そんなことを思い出しました。
私の実家では、お盆の支度は簡単に済ませていたので、何となく懐かしい感じがしました。(*^_^*)

名前: miyazyy [Edit] 2016-07-14 11:15

miyazyyさま

こんにちは、 miyazyyさま

田舎ですからねぇ(^◇^)
どこのお宅も、こんな感じなんですよ。
お盆の前日には物置からお盆用品を出してきて、色々用意です。
でも、都会の方はこういう事もしなくなっているのでしょうね。
懐かしく思っていただけて、嬉しいな♪

名前: カミさん [Edit] 2016-07-14 16:07

こんにちは

東京はだいたい7月のお盆、と思ってましたが、
これもひょっとすると地域で違うのかもしれません!
実家でも簡単にしかしてなくて、細かいやり方も
私はよくわからないんです。
よくミソハギが使われるのも、数年前まで知りませんでした。
ススキの先を切りそろえるのも面白いですね。
牛馬のエサ、というのもあるんですね!
各地でいろんな風習があって、それぞれのお盆が
毎年繰り返されていくのですね。

名前: 里花 [Edit] 2016-07-14 23:19

7月のお盆ってピンと来ませんね。
きゅうりとなすの牛馬は全国的なものではないのでしょうか?
知る限り東京、横浜では行ってますね。
あと迎え火、は何を燃やすのか忘れてしまいました。

名前: 親父 [Edit] 2016-07-15 05:48

里花さま

こんにちは、 里花さま

この辺りはススキとミソハギと言うとお盆の花という感じですが、お花にはこだわらないところも多いみたいですね。
お盆行事ほど地方色が豊かな行事もないかもしれません。
昔から続いてきたものなので、続けていきたいと思っています。

名前: カミさん [Edit] 2016-07-15 14:00

親父さま

こんにちは、 親父さま

はい、牛馬は全国的にやっていますが、エサまで用意するところは少ないみたいですね。
ご先祖の分と施餓鬼用の膳を用意して、お盆のお料理は色々と決まり事もあるので、毎年書いておいたメモを見ながら作っています。
迎え火に使う木は松の割り木や、麻の皮を剥いだ苧殻(おがら)ですね。
この辺りは松の割り木をよく使っていますよ。

名前: カミさん [Edit] 2016-07-15 14:07

段々夏らしくなってきましたね。
今年もまた祖母の家に行きましょうかねえ。

名前: ジャム [Edit] 2016-07-16 08:49

ジャムさま

こんにちは、 ジャムさま

この暑さなのに、まだ梅雨明けしていないのですものね。
梅雨明けすればしたで、猛暑の日々が待っているのでしょう。

おばあさまの所にぜひ行ってあげてください。
きっと、大喜びでしょうね。
待っていますよ(*^_^*)

名前: カミさん [Edit] 2016-07-16 13:28

初めてコメントします。
時々拝見させていただき、実家の近くかしら~とニンマリしながら楽しませていただいておりました。

私も同じ県内ですが、お盆が8月の地域から7月の地域にお嫁入りしていまだに間違えてしまいます。今年もすっかり忘れていて、義母から誘われてハッとしました。(近距離別居です)
手帳に書いた年もありましたが、翌年書き写すのを忘れます(泣)

また、牛馬の餌の件、今年初めて母から教えられました。全く知りませんでした。地域性って本当にあるんだな~と驚くことばかりです。
こちらでは盆義理渋滞という言葉もありますが、実家にいるころにはまったくお盆のあいさつ回りなどはありませんでした。

言葉はすっかり嫁ぎ先の方言になりました(笑)

名前: さる先生 [Edit] 2016-07-16 18:46

さる先生さま

おはようございます、さる先生さま

はじめまして
うふふ、盆義理渋滞の言葉で、だいたいどの辺りにお住まいかわかってしまいました(^◇^)
『静岡県あるある』ですよね♪
牛馬のエサも一般的かと思っていましたが、そうではなかったことに驚いています。
静岡県は縦に長いので、地方毎にお盆の習慣も大きく変わりますから大変だと思います。
方言になじんだ時が、その土地になじんだ時ですね(^◇^)

名前: カミさん [Edit] 2016-07-17 08:39

コメントの投稿






trackback iconトラックバック ( 0 )

Trackback URL:

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)