そう言えば、東京で『旧岩崎邸』を見学した時に

思った事があるんです

2015080316464579e.jpg

この洋館、とても素敵でしょう?

内装も同じように、贅をこらしてあって

本当にため息が出るほど、素晴らしいです

…でも…でも…

この建物の中が、と~っても暑いんですよぉ(@_@;)

建物の保全の為か、エアコンは入っていなくって

その代わり、窓もテラスなども、開け放してあります

それに、色々な場所で扇風機で風を送ってくれているのに

体中から、汗が噴き出してくるほどなの

20150803164710f32.jpg

この洋館に繋がる形で

岩崎家の方々が生活をしていた和館の一部が、現存しているのですけど

廊下を通ってそちらの建物に行くと

あの酷かった汗が、スーッと引いていくんです

深い庇のある日本建築は

本当に、体感気温が全然違うのだと実感しましたねぇ

20150727094603447.jpg

開け放たれた障子から、涼しい風が吹き抜けて

さっきの洋館と同じ敷地と言う事が、信じられないくらい

エアコンが入っていれば、その事に気づかずにいたでしょう

日本建築は、日本の気候に合わせて進歩してきた建物なんですねぇ(*^_^*)

明治という時代とともに、きっとたくさんの西洋建築が建てられたのでしょう

でも、その中で生活や仕事をする人達にとって

西洋建築は、蒸し暑い夏をさらに暑く感じるものだったでしょうね







宜しければ拍手をお願いします♪

焼きプリンはいかが

冷蔵庫は満杯

comment iconコメント ( 28 )

すごい事に気付かれましたね。やはり日本の昔の建物は、日本の蒸し暑い夏に対応できるようにできているのですね。徒然草でも吉田兼好は「家の作りやうは、夏をむねとすべし」と、書いています。

名前: nobotanさん [Edit] 2015-08-03 19:04

これに気付けるのが素晴らしいと思います!!!!!

私だったら全然気がつけないです・・・・

名前: マルチ君の母 [Edit] 2015-08-03 21:06

洋館と和館

今晩は、カミさん
やはり、日本の風土が育てた日本家屋は暑い夏には良いのでしょう
ひさしが長くて直射日光が部屋の中に入ってこないようですね
冬なら洋館の高い断熱性と気密性がありがたいでしょうね
それにしても、贅沢なお屋敷ですね
縁側で昼寝がしたい!

名前: ヨッシィー [Edit] 2015-08-03 21:52

nobotanさんさま

こんばんは、nobotanさんさま

木と土と紙の家は、夏の暑さを驚くほど軽減してくれました。
長女と、『岩崎家の人達、夏は西洋館のほうに行きたくなかっただろうね』などと話していましたよ。
屋敷が完全にくっついているので、よけいに違いがわかったのでと思います。

名前: カミさん [Edit] 2015-08-03 21:57

マルチ君の母さま

こんばんは、マルチ君の母さま

このすさまじいほどの暑さが、建物の違いを際立たせてくれたんですよ。
あんなに違うのかとビックリするほどでした。
日本建築は、蒸し暑い現代の気候にすら、きっちりと対応出来るすごいものなんですね。

名前: カミさん [Edit] 2015-08-03 22:01

ヨッシィーさま

こんばんは、ヨッシィーさま

深い庇が、夏は室内に日が入るのを防ぎ、冬はいれてくれるのですものね。
そうそう、しっかりと暖炉とオイルヒーターが西洋館には入っていますからね。
冬には暖かいと思います。
なんと明治期に水洗トイレでしたよ、西洋館(^◇^)

名前: カミさん [Edit] 2015-08-03 22:06

そうなんですか。日本建築と西洋建築ってそんなに違いますか。
湿気という日本の気象の特徴を取り入れてるからなんでしょうか。
日本建築の粋なんでしょうかね。
でも湿気の少ない外国でも古い建物が現存してますし、
日本でも有名な寺院仏閣は残ってますよね。
湿気だけの問題ではないんでしょうか。何なんでしょうね。

名前: matsuyama [Edit] 2015-08-03 23:23

こんにちは( ^(ェ)^ )
やはりその国の気候風土にあった建物というのがあるんでしょうね。
素敵なものは取り入れてみたくなるという気持ちもよくわかりますけど。
隣同士に建物があるとそういった違いも体感できるんですね~

名前: しろくま [Edit] 2015-08-04 09:33

なるほど、西洋建築と日本建築の違いを体感されたんですね。
建物は土地土地の気候にあうように作られているから、
その地にあってこそ生きてくるのでしょうね。

ちょっと意味合いは違うけど、
畳は靴をはかず、正座で過ごす日本人がごろりと横になれる
すばらしい文化ですよね。
畳でゴロゴロ・・ああ、日本に生まれてよかったなぁと思う瞬間です(^^)

名前: おばんです [Edit] 2015-08-04 09:43

matsuyamaさま

こんにちは、matsuyamaさま

そうなんですよ。
不思議ですよね。
長女とは、『この洋館は石造りの建物だから、熱を溜めこんでしまうのかしら?』と話したんです。
あまりの違いにビックリでしたね。

名前: カミさん [Edit] 2015-08-04 09:51

しろくまさま

こんにちは、しろくまさま

この瀟洒な建物の中が、灼熱地獄とは入ってみるまで考えもしなかったですね。
天井も高く窓も高くとってあるのに、不思議に熱のこもりがすごかったんです。
冬の寒さに耐えるための建物なのでしょうね。
明治の建物なのにオイルヒーティングや暖炉で、冬は暖かいと思います。

名前: カミさん [Edit] 2015-08-04 09:55

おばんさま

こんにちは、おばんさま

廊下でつながった洋館と和館が、こんなに違うとは思いませんでしたね。
底冷えする冬の寒さの為の建物と、蒸し暑い夏を涼しく過ごす建物。
面白い体験でした。

たたみでゴロゴロ、はい大好きです♥
日本人で良かったって思える瞬間ですよね。

名前: カミさん [Edit] 2015-08-04 09:59

そんなに違いがあったんですね~
やはり風土にあった建築構造はすごいものです。
時代を担って 翻弄した岩崎氏も ここでほっとしたんでしょうね。
今日は建築物から その暮らしを感じれた とっても楽しい記事でした。

名前: nanami☆ [Edit] 2015-08-04 12:45

nanami☆さま

こんにちは、nanami☆さま

外から見ただけでは分からない事ですよね。
あんなに違うものかと、本当に驚きました。
欧米に追い付け追い越せの気持ちで建てられた、接待の為の洋館。
建てた岩崎氏も夏の暑さに閉口したかと思うと、少し面白いですね。

名前: カミさん [Edit] 2015-08-04 13:37

こんにちは。

私の親戚にお寺さんがあります。
小学生の頃、その家に遊びに行く度、涼しいなぁと感じていました。
とにかく、風の通りを考えてあるんですよ。

今の日本住宅は、デザインだけで夏は暑い住宅が多いような気がします。
残念ですね。

名前: miyazyy [Edit] 2015-08-04 13:52

miyazyyさま

こんにちは、miyazyyさま

この日、外は全然風が吹いていなかったんですよ。
なのに、和館の中を涼しい風が吹き抜けていくんです。
スゴイですよね。
風を作りだす建築なんですよね、日本建築って。

名前: カミさん [Edit] 2015-08-04 14:29

あー、そうだったんですね~。
見た目では分からないものだわぁ。

若い頃は物珍しさもあってか?洋館に魅かれていたけれど
40歳を過ぎた頃だったかなぁ。
日本建築の良さを理解できるようになり
今では和室が大好きになってます。
画像の和室はとても素敵。出来ることなら住人になりたいわぁ。

名前: めぐ [Edit] 2015-08-04 17:01

こんにちは

洋館と和館では、そんなに体感温度が違うんですね!
暑い日に、それもすぐそばにあってこそわかる発見ですね。
「住まいは夏を旨とすべし」でしたっけ?
まさに昔ながらの知恵が、日本家屋には生かされているのですね。

名前: 里花 [Edit] 2015-08-04 17:49

めぐさま

こんばんは、めぐさま

ここ良いでしょう(^◇^)
この和館が、とても気持ちの良い空間だったんですよ。
わたしも若い頃は洋館に憧れていましたけど、今はこういう場所の方がいいですね。
日本人でよかったって思える場所ですよね。

名前: カミさん [Edit] 2015-08-04 21:30

やっぱり、日本建築は、日本の風土に合っているのですね。

始めて知りました。

私が旧岩崎邸を訪れたのは、夏ではなかったので気がつきませんでした。
いいことに気付かれましたね。
日本家屋、やっぱりいいですね。

名前: 森須もりん [Edit] 2015-08-04 21:32

里花さま

こんばんは、里花さま

まさに「住まいは夏を旨とすべし」の建物です!
洋館は接待の為の場所だったそうですから、普段の住まいはこちらの建物なんです。
和館は8分の1ほどが残っているだけですが、こういう対比を知る意味でも残してくれた事に感謝ですね。

名前: カミさん [Edit] 2015-08-04 21:37

昨日はこちらにアクセスできませんでした。
今朝もリンクからは繋がらず、タイトルを打ち込んでやっと繋がりました。
なんでだろう?
和風建築は日本の気候に合わせた建物なんですね。
バリでも最近はやりのモダン建築はエアコンが無いと生活できませんが伝統建築ですと涼しくてすみ易い。
どこでも同じですね。

名前: 親父 [Edit] 2015-08-05 06:31

エアコンのない洋館て、石窩のようなものなんだろなあ。
それでずっとやってきたニンゲンなら
それに対応できるDNAをもってるのかもしれないけど、
日本人にはねぇ、、、。

セスキさっそくやってみましたよ。
5gを250ccでとかして。
ありがとう。
またなにかしつもん事、いつでもできると思うと大安心♪

名前: デジカメ丸 [Edit] 2015-08-05 10:26

森須もりんさま

こんにちは、森須もりんさま

このすさまじいほどの暑さが、二つの建物の違いを教えてくれましたね。
洋館に居る時に、どうしてこんなに汗が湧き出てくるのか判らなかったんですよ。
天井もとても高く、ドアも開け放してあって扇風機もあるのに、どうしてこんなに暑く感じるんだろうって。
自分の体調でも悪くなったのかと思ったら、長女も同じだと聞いて安心しましたね。

名前: カミさん [Edit] 2015-08-05 12:31

親父さま

こんにちは、親父さま

FS2はそういう事がありますね。
わたしもコメントが入れられなかったり消えてしまっていたり、不思議に思う事があります。
バリの建物もそうなんですね。
やはりその土地で長い間に気候に合った建物が進化しているのだと、実感しました。

名前: カミさん [Edit] 2015-08-05 12:35

デジカメ丸さま

こんにちは、デジカメ丸さま

たしかに!!!
まさに石窩だと思います。
太陽によって焼かれた石の建物の中は、汗が湧きましたからね。
ああいう建物は、湿気のない土地でないと辛いでしょう。
そういう事も分かった、いい経験でした。

セスキは、周りの人が誰も知らない頃から使っていますから、どんどん聞いてください。
色々に使えて、ホントに便利です!

名前: カミさん [Edit] 2015-08-05 12:43

こんばんは

旧岩崎邸は近くを通り過ぎるだけで
行ったことはないです

お洒落な西洋建築も素敵だなと思うけど
いざ、住むとなったら日本建築のほうが快適に過ごせますね


名前: honey*cara [Edit] 2015-08-05 19:46

honey*caramelさま

こんばんは、honey*caramelさま

お近くにお住まいなんですね。
わたしも、近くだからこそあまりに当たり前すぎて行かない場所って、あります!
わたしも若い頃は西洋建築に憧れましたが、今は庇の深い日本建築が好きです。
こういう場所の縁側に座って、静かに庭を眺めていたいですね。

名前: カミさん [Edit] 2015-08-05 20:40

コメントの投稿






trackback iconトラックバック ( 0 )

Trackback URL:

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)