20150627205550ce3.jpg

今年も咲き始めましたよぉ、『カラスビジャク』

去年まで名前を知らずにいました

でも、この不思議な形の野草が毎年気になっていて

散歩で会う方が、うろ覚えで名前を覚えていたので

それから検索して色々判ったんです(^◇^)

教えてくれた方が言っていた名は『カラスの柄杓』でした


※『カラスビシャク』
 科名:サトイモ科/属名:ハンゲ属
 和名:烏柄杓/別名:ヘソクリ/学名:Pinellia ternata
 生える場所:日本全土の日の当たる畑、路傍、堤、川原など
         畑の中の雑草のひとつ

名前の由来は、花の形(仏炎苞/ぶつえんほう)を柄杓(ひしゃく)に見立てて
人が使うには小さい
それで、カラスの名をあてて、カラスビシャクの名になったそうです

別名のヘソクリは、農家のお年寄りが孫の子守りをしながら
畑のカラスビシャクの塊茎(かいけい)を掘り取り
貯めてから集荷人に売って、内職をしてヘソクリを作ったからという説が…

漢名の半夏(はんげ)は、夏の半ばに、カラスビシャクの花が開花するためにつけられました

また半夏(はんげ)は、すぐれた鎮吐剤で
吐き気を鎮める作用のほかに、のどがはれて痛むときや
腸がゴロゴロ鳴って苦しいときにも用いられます

用い方は、1回に1.5~5グラムを煎じて服用しますが
半夏特有の「えぐみ」があって、単独では飲みにくく
むりに飲むと逆に嘔吐をする場合があります
なので、生姜を加えて用いると飲みやすくなります

漢方薬の材料になる薬草だったんですよ♥

そうそう、この『カラスビジャク』の話には続きがあります

2015062720550775b.jpg

わたしは江戸物の小説が好きで

梶よう子さんの小説も、いくつか読んでいるのですが

この前、図書館で借りてきたこの本の中で

『カラスビジャク』が、効果的に使われているお話しがあったんですよ(^-^)

中は、短編読み切りのシリーズ物なんですけど

その中の『女房のへそくり』というお話

去年『カラスビジャク』を調べていて、姿もよおぉく知っているので

普段だったらパラって読む部分も、クスッとツボに…

その時に思ったんです

「あぁ、こういう読み方もあるな」って

試しに、他のお話しに出てくる植物名を検索して調べて

もう一度読み返してみたら、最初読んだ時には気付かなかった部分が

ひとつのお話しが、二度楽しめちゃいますね(*^_^*)

201506272055327dd.jpg

色々楽しませてくれる『カラスビジャク』

なんだか、とても愛おしい野草になっちゃいました




宜しければ拍手をお願いします♪

お姉ちゃん大好きな次女

疲れた身体に甘いもの

comment iconコメント ( 28 )

こんにちは( ^(ェ)^ )
カラスビジャクは知りませんでしたけど、半夏は以前娘がお世話になっていた漢方の成分なので、驚きです。
こんな植物だったんですね~

小説に出てくる植物を調べたりするのって、話のイメージが広がって楽しいでしょうね。
私は今江戸物の小料理屋さんの話をシリーズで読んでいるので、出てくるレシピでお料理を作ったら楽しそうだなって思っています。
分量までは出ていませんけど、何となく似たものが出来るかしら~( ^(ェ)^ )

名前: しろくま [Edit] 2015-06-28 10:55

カラスビジャクのお話し

こんにちは、カミさん
カラスビジャクも梶よう子さんも知りませんでした
植物は興味がわかないので、カラスビジャクはここで
止まるでしょうが、梶よう子さんは面白そうなので
今度、図書館で借りてみますね

名前: ヨッシィー [Edit] 2015-06-28 11:23

こんにちは。この植物は昔からよく見かけていましたが、名前は知りませんでした。おかげさまで名前やその由来を知ることができました。別名がヘソクリとは、なんとも楽しいですね。

名前: nobotanさん [Edit] 2015-06-28 11:37

しろくまさま

こんにちは、しろくまさま

江戸物で小料理屋さんと言えば、高田郁さんの『みをつくし料理帖』でしょうか?
あちらのお料理も、調べて読んでいくと面白いですよ。
このお話しのきゅうりを茹でると言う事は、目からウロコでした。

名前: カミさん [Edit] 2015-06-28 12:39

ヨッシィーさま

こんにちは、ヨッシィーさま

この方の書く江戸物は、軽やかな感じで好きなんですよ。
軽やかと言っても、軽いんじゃあないですよ(*^_^*)
しっかりとして読みごたえはあるのですけど、男性の方の書く江戸物のようなドロドロした感じがないんです。
明るい江戸物も良いですよ。

名前: カミさん [Edit] 2015-06-28 12:44

nobotanさんさま

こんにちは、nobotanさんさま

本当に、ただの野草ですものね(^◇^)
でも、独特のフォルムが面白い植物ですから、ずっと気になっていたんですよ。
去年、名前が分かった時はとても嬉しかったです。
名前のとっかかりが、無かったら判りませんでしたね。

名前: カミさん [Edit] 2015-06-28 12:48

こんにちは

カラスビシャク、実はうちの近所の植え込みに、
毎年咲く場所があるんです。
ほんの1、2本なのですが、今年もつい先日、
「あ、咲いてる♪」と見つけたばかりでした。
あの独特な形は、目につきますよね。
それに、江戸物の小説に出てくるなんて、
ますます興味を惹かれちゃいます。
そんな小説を書く作者さんも、きっと植物が好きで、
いつもよく見ていらっしゃるのかもしれませんね。
植物をきっかけに、より深く読み込める、
そんな読書も楽しいですね♪

名前: 里花 [Edit] 2015-06-28 17:01

里花さま

こんばんは、里花さま

里花さまのお近くでも生えているところがあるんですね。
昔は至る所で生えていたそうですが、わたしの散歩コースでも自生している場所も1箇所だけです。
漢方薬にも使われている不思議な形の野草、大事にしていきたいです。

名前: カミさん [Edit] 2015-06-28 20:26

珍しい植物のご紹介m(_ _)m

カミさまへ

『カラスビジャク』名前が判明出来てすっきりされたでしょうねー
私も、良く観るお花だけど!とか、とても気になるんだけど!
などと、名前を調べても全く手立てがなくいつまでも気になるお花よくあります。

『カラスビジャク』とても奥行きがある植物のようですねー。
勿論お初でございます。
きっと作者の梶よう子さんと、カミさま、波長が合うのかしらねー
別名がユニークで面白いですねー。

暫く図書館行っていなかったなぁ~
いい機会を与えてくれてありがとうございます。

名前: ぴんくモッチー [Edit] 2015-06-29 00:56

本当に博学でいらっしゃるので
ただただ・・・頭が下がります
本を読まれるのがお好きなのですね!!!

名前: マルチ君の母 [Edit] 2015-06-29 06:33

ぴんくモッチーさま

おはようございます、ぴんくモッチーさま

去年写真をブログにアップして名前を聞いたのですが、誰も知らなかったんですよ。
でも不思議なもので、お散歩道で出合う方が『カラスの柄杓』だったと思うと…
あとは検索して、正式名にたどり着きました。
名前が判ると、さらに愛おしさが増しますね。
去年から、お気に入りの草の筆頭に躍り出ています。

名前: カミさん [Edit] 2015-06-29 08:47

マルチ君の母さま

おはようございます、マルチ君の母さま

スマホ等でのネット配信の本は電車に乗っての時間つぶし等には良いのですが、普段読むのは紙の本ですね。
わたしは、後ろに戻ったりしながら読んでいく事が多いので。
本の持つ独特の触感も、好きなのかもしれませんね。

名前: カミさん [Edit] 2015-06-29 08:52

おはようございます

カラスビジャクっていうんですね!
子どもの頃に見かけたような気がします
梶よう子さんの小説も気になります
今度、手にとって読んでみますね


名前: honey*caramel [Edit] 2015-06-29 10:29

honey*caramelさま

こんにちは、honey*caramelさま

今は、昔ながらの野原は少なくなりましたものね。
でも、今でも日本中で可愛い姿を見せてくれている野草です。
梶よう子さんのお話しで見つけた時は、とても嬉しかったですね(^◇^)

名前: カミさん [Edit] 2015-06-29 11:25

カラスビジャクの名前由来を興味深く拝見しました。

この植物は今までに見かけているのかもしれないけれど
見過ごして来ちゃった気がします。
これからのワンコのお散歩中は周りの草花を注意深く観察してみますね!
見つけたらきっと「カミさーーん!」って、叫ぶわ。

名前: めぐ [Edit] 2015-06-29 12:07

めぐさま

こんにちは、めぐさま

本当に、何気ない場所で育っている野草なんですよ(*^_^*)
でも、その姿が面白くて可愛くって、名前が判らないままに毎年その姿を捜していました。
名前が判ってからは、もう声掛けまでしちゃっています。

名前: カミさん [Edit] 2015-06-29 12:35

カラスビシャク

格好が似たのに マムシ草がありますよね
最初はこれかなと 思ったのですが どうも違うようで
そういえば マムシ草だと思ったがなんか違う と 思っていた草は
カラスビシャクだったのだろう と思えるようになりました

名前:  nasu_to_mato [Edit] 2015-06-29 14:21

nasu_to_matoさま

こんにちは、nasu_to_matoさま

nasu_to_matoさまも気になっていた草なんですね。
姿は、マムシ草をちっちゃくして緑一色にした感じです。
足元の野草なんですよ。
仏炎苞の高さも10~20センチ程しかありません。
田んぼのあぜ道などに、よく生えているそうですね。

名前: カミさん [Edit] 2015-06-29 16:35

半夏は知ってても カラスビジャクを知ってるってすごいですね。
ご近所の方も 何かの思い出があって 覚えていたのかしら?

好きな本に気になっていたことが 入っててるって すごく嬉しいですよね。
シンクロニシティって云うのかが不明ですが
いろんなことが 結びつく快感でますます好きになる。
その気持ちすごく伝わってきましたよ~

名前: nanami☆ [Edit] 2015-06-29 17:02

烏柄杓ですね。
以前、この時季になると半夏生という七十二候が出てくるんですが、
その時調べたことがありました。
夏至の頃に花を咲かせるんだそうですね。
野草の半夏生と烏柄杓、どういう関係にあるのか分かりませんでしたね。
半夏生のことを烏柄杓だという資料もあったんですけど、
この2つ葉っぱが違うんですよね。
薬草だということだけは分かったんですけど。

名前: matsuyama [Edit] 2015-06-29 22:52

nanami☆さま

おはようございます、nanami☆さま

カラスビジャクと言うよりカラスの柄杓の方が言いやすいですし、その方はそういう名を聞かされていたのでしょうね。
茶畑の隅や土手などのちょっと斜面になっている場所に、よく生えていたそうです。
『そう言えばこのごろ見なかったな』って、その方も言っていましたよ。

名前: カミさん [Edit] 2015-06-30 06:43

matsuyamaさま

おはようございます、matsuyamaさま

ハンゲショウは緑の部分と白い部分のコントラストがキレイな、ドクダミに似た姿の植物ですものね。
でも、カラスビジャクとつながりがあったなんて、全然知りませんでした。
カラスビジャクの半夏の名は、この草の仏炎苞が出てくる季節からつけられています。
ハンゲショウは、葉の一部を残して白く変化する様子から「半化粧」とする説は以前から知っていたんですが。
半夏の季節に咲くからという説は、じつは去年、ある方のブログで知ったんですよ。

名前: カミさん [Edit] 2015-06-30 06:54

すっかり野草を見ることがなくなりましたが、カラスビジャクは見たような気がしますね。
お薬になるんですか。
毒薬にもなったりして。

名前: 親父 [Edit] 2015-06-30 09:52

こんにちは。

「カラスビシャク」、見かけたことはあっても、名前は知りませんでした。

植物の名前などは、由来なんかを考えながら覚えると、忘れないものですね。(^v^)

名前: miyazyy [Edit] 2015-06-30 14:15

親父さま

こんにちは、親父さま

毒と薬は紙一重ですものね。
猛毒で知られているトリカブトも心臓病の薬となっていますし(^-^)
このカラスビジャクは姿が面白くって、一度名前を覚えたら忘れない野草です。

名前: カミさん [Edit] 2015-06-30 17:19

miyazyyさま

こんにちは、miyazyyさま

まさに、名は体を表すの代表のような野草でしょう?
カラスが使うちっちゃな柄杓のような姿です。
日本中でしぶとく生き残っていてくれているのも、嬉しいですね。
グランドの隅などにも生えていますよ(^-^)

名前: カミさん [Edit] 2015-06-30 17:23

久しぶりのコメントになってしまいました。
新しい記事からずーっと読んで、
カミさんの記事って奥深くて豊かだなと
しみじみと感じておりました(^^)
しばしカミさんの世界にどっぷり浸かったような気分です♪
こんな小さな雑草にも可愛い名前があるんですね。
私は名前も知らない植物だらけ。
名前を覚えるだけでも世界が広がりますね。

お義母さまの法要、お疲れさまでした。
2年経ったとは早いものですね。
次女ちゃんと一緒にお昼寝している写真、
今でもはっきりと覚えています。
なんだか懐かしいなぁ。

名前: おばんです [Edit] 2015-06-30 19:51

おばんさま

こんばんは、おばんさま

ホントに、あっという間に2年が過ぎてしまいました。
次女は、義母が亡くなって半狂乱状態だったのが落ち着いたら、以前よりも甘えんぼになっちゃいました。
次女が落ち着くようにと甘やかしちゃいましたから、仕方がないですね。
わたしも、義母と次女が仲良く二人でいる姿が好きでした(*^_^*)

名前: カミさん [Edit] 2015-06-30 20:36

コメントの投稿






trackback iconトラックバック ( 0 )

Trackback URL:

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)