20150321135053a7d.jpg

お彼岸のお中日ですねぇ(^◇^)

もう、恒例の牡丹餅を、せっせと作りましたよ

今、実家の仏壇にも供えてきたところです

右端にちらっと映った、入れ物に入りきらなかった一個

いま食べてます

タッパーに残った黒ゴマを、ぜ~んぶ乗っけて♪

作った人の特権ですよねぇ(^-^)

201503211350384f9.jpg

彼岸の入りには『入り団子』を仏壇に供えるんですよ

使うお餅は、お正月のお餅を少し分けておいたもの

冷凍室に入れてありました

解凍して、レンジでチンした物を突き直して

餡をからめたものなんです(^◇^)

お彼岸明けにも、同じ団子を『明け団子』として供えるので

お彼岸明けは、体重計に乗るのが怖ろしい…

でもでも、作って食べるのはやめられません





宜しければ拍手をお願いします♪

サクラづくし

クワークチーズとカスタード

comment iconコメント ( 22 )

こんにちは

いつもながら、カミさんのぼたもち、美味しそうです♪
残ったごまを全部、それはもう当然、作った人の権利です!
入り団子、明け団子もきっちり作られるんですね。
大変だけど、お彼岸だけのお楽しみでもありますね。

名前: 里花 [Edit] 2015-03-21 17:02

里花さま

こんにちは、里花さま

同じような材料になりますからね(^◇^)
それに作った方が安上がりですし…

餡も、大目に作っておけば、冷凍して保存という手がありますからね。
そうやっていくと、また冷蔵庫の中身が増えるんですけど(^◇^)

名前: カミさん [Edit] 2015-03-21 18:45

あらっ~🍡
美味しそう~🎶
あんこもの・・大好き♡
よだれナシには見れないお写真
口の中がヨダレでい~っぱい♡
体重計に乗るのは勇気がいるけど・・
こんな時くらいはねっ・・♡

名前: マキシマス [Edit] 2015-03-21 19:00

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

名前: - [Edit] 2015-03-21 22:14

お彼岸のお供え物、入り団子、明け団子というものがあるんですね~(^^;

お恥ずかしながら、初めて知りました(^^;

それにしても、本当に美味しそうです☆

ゴマたっぷり、香ばしそうでいいですね~q(^-^q)

名前: らすく♪ [Edit] 2015-03-21 22:16

マキシマスさま

こんばんは、マキシマスさま

これを作らない事には、お彼岸が来た気がしないんですよ。
作る量は昔の三分の一になってしまいましたが、季節を感じる和菓子ですものね。
『おひとつどうぞ』と届ける事が出来る距離だったら良いのになって、思います。

名前: カミさん [Edit] 2015-03-21 22:30

鍵コメさま

こんばんは、鍵コメさま

そうなんです、お彼岸になるとこれを作らずにはいられません。
でも、自分で作ると甘さも自分の好みになるので、困る事がひとつ…
つい食べ過ぎちゃうんですよ!!!
ひとつだけのつもりが、2個3個となってしまうんです。

名前: カミさん [Edit] 2015-03-21 22:40

らすく♪さま

こんばんは、らすく♪さま

お彼岸のお供えは、地域毎の風習が色濃く残っていますから、もしかしたららすく♪さまのお住まいの所では、その風習がないのかもしれませんよ。
牡丹餅も全国的にはお中日に供えますが、彼岸の入りに供える地方もありますから。

高3の時に母から作り方を伝授されてから、毎年春秋に作り続けています。
娘を産んだ時に1度だけ作らなかったのですが、あとはずっと同じように作っているんですよ。
作らないと、なんだかお彼岸が来た気がしませんね(^◇^)

名前: カミさん [Edit] 2015-03-21 22:48

こんばんは

牡丹餅ですね~
我が家は スーパーの物を買って食べました。
我が家はみんな大好きなので
いつか、手作りしてみたいですね。

名前: Bigサオリン [Edit] 2015-03-21 23:00

入り団子とボタモチと明け団子!
お彼岸は三回もお餅を作るんですか。
ほんとだ、体重計に乗るのが怖いですね(-_-;)

ブログでカミさんのボタモチがアップされると、
ああ、お彼岸だなと思います。
先日、妹とおじいはお墓参りに行ったようですが、
私は風邪をひいていけませんでした。
近々行ってこようかな。
あ、ボタモチも食べなくちゃ(^^)

名前: おばんです [Edit] 2015-03-21 23:46

Bigサオリンさま

おはようございます、Bigサオリンさま

わたしは毎年、春秋共に作っているので、市販の物を買う事がほとんどないんですよ。
でも外食して食事の最後に、小さな牡丹餅がデザートに出たりすると、嬉しいですね。
作らずに食べるだけの方が、美味しく食べれちゃうものですよ(^◇^)

名前: カミさん [Edit] 2015-03-22 08:18

おばんさま

おはようございます、おばんさま

ようやく風邪も抜けてくれたので、張り切って作っちゃいました。
家の仏壇に供えて実家に届けると、あぁ今年のお彼岸も無事に迎える事が出来たと、ホッとするんですよ。
作りながら、いつも昔の事を思い出しますね。
初めて作った日の事、今も鮮やかに覚えています。

名前: カミさん [Edit] 2015-03-22 08:22

ほんといつもこちらの美味しそうなぼた餅を拝見すると
ご先祖さまやご家族への感謝を感じられて
丁寧な暮らしぶりを いつもいいなあ~って思います。
反省して 今年はちゃんと作ろうって思っても
ついつい 買ったり代用品で済ましてます(あはは)
季節やご先祖さまのことなので
体重は目をつむりましょう~(なんて・・笑)


名前: nanami☆ [Edit] 2015-03-22 10:28

こんにちは( ^(ェ)^ )
カミさんの手作り牡丹餅を見るたびに
次回こそは手作りしてみようと思うんですけど
初めてのことだとなかなか実行できませんね~(;^(ェ)^ A

お彼岸とは関係のないときでも
いつか手作りできたらいいなと思います♪

名前: しろくま [Edit] 2015-03-22 11:21

おはぎですよね。
おいしそうだ!
日本に帰ると必ず食べています。

そうか自分で作るという手もありましたね。
作った人の特権を親父も試してみたいです。
餡でくるむのが難しそう。

名前: 親父 [Edit] 2015-03-22 18:23

お彼岸ですね

今晩は、カミさん
牡丹餅、昔はそんなに好きではなかったのですが
半分だけ付いたお餅のところ 粒が残っている感じが
中途半端な気がして・・・
今はそんなことを気にしていたことが不思議です
入り団子は知りませんでした
また一つお利口さんになりました ありがとうございます

名前: - [Edit] 2015-03-22 19:52

美味しそうな牡丹餅~!
自分好みの味で作れるっていいですね
今年こそは手作り~って思っていたけど
気づいたら、お彼岸でしたね(笑)

名前: honey*caramel [Edit] 2015-03-22 20:00

親父さま

こんばんは、親父さま

牡丹餅(おはぎ)の作り方を17歳の時に母から伝授されてから、ずっと作り続けているんですよ。
娘が生まれた時に1回休んだだけで、もう何十年も作り続けた母の味です。
これを作る時、色々な思い出が巡って来ますね。

作り方のコツを覚えると、簡単な和菓子です(^◇^)
ぜひ作ってみてくださいな。
ご飯を突く時に塩水を付けながら突くと、翌日もお餅が柔らかいんですよ。

名前: カミさん [Edit] 2015-03-22 20:24

ーさま

こんばんは

入り団子と明け団子は、この地方ではやるんですよ。
でも、おはぎを彼岸の入りに供える地方もあるので、地方毎に色々な特徴があるのだと思います。
このお団子も、地方によって色々な形や味になっているそうですよ。
面白いですね(^◇^)

名前: カミさん [Edit] 2015-03-22 20:45

honey*caramelさま

こんばんは、honey*caramelさま

恒例の、お彼岸の和菓子ですものね(^◇^)
作り慣れていないと、やっぱり躊躇してしまうと思いますよ。
和菓子類って、作るまでの敷居が高いですから。
でも、いつかチャレンジしてみてくださいな(*^_^*)

名前: カミさん [Edit] 2015-03-22 20:51

ぼたもち、バリエーション豊かで本当においしそう♪♪
体重なんて増えてもいい!!って思っちゃいます(^^;)
入り団子、明け団子の存在は知りませんでした!
ぼたもちを食べると、春が来たなぁ~って思います♪

名前: あだこMg [Edit] 2015-03-23 11:46

あだこMgさま

こんにちは、あだこMgさま

入り団子・明け団子は、供えない地方も多いと思いますよ。
お盆やお彼岸の風習は、それこそ地方独特のものが多いですからね。
このお団子も、みつ団子にしたり、なにも付けない物だったりと、地方によって色々なんです。
牡丹餅もこの辺りは彼岸の中日ですけど、入りに作る地方もありますからね。
それぞれの地方で、独特な風習と共に伝えられているのでしょうね。

名前: カミさん [Edit] 2015-03-23 12:34

コメントの投稿






trackback iconトラックバック ( 0 )

Trackback URL:

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)