201408050705587a8.jpg

この前読んだ本がとても良かったので、ちょっと紹介

『エンジェルフライト』フリーライターの佐々涼子さんの本です

『2012年開高健ノンフィクション賞』を受賞しています


この本を手に取ったきっかけは、映画の『おくりびと』

1年以上前に、TVロードショーを録画しておいて

義母が他界して、気持ち的に見れずにいたものの

一周忌と初盆を終え、心の整理がついた時

ふと『見てみたい』と思えて…

やはり大泣きしながら見ちゃいましたよ

それで、こういう仕事に携わる方々のルポの本があったら

読んでみたいと思って、図書館で借りてきました


エンジェルフライトは、国際霊柩送還士というお仕事です

海外で亡くなって日本に帰って来た故人を、ご遺族が御対面出来る状態にしてお渡しする

反対に外国の方が日本で亡くなった場合も、その国にきちんとお送り出来る処理を

マスコミに取り上げられた事件の被害者たちのその後も、そうでない方々のその後も

それに携わる方々の姿を通して、見えてきます

アメリカ等の、きちんとエンバーミングされた状態で還ってくるのは

ほんの一握り…

現地の遺体ビジネスの被害にあって、ボロボロの状態で還ってくる方も

そういう方を、遺族や親しい方々とお別れ出来る状態にするのは

想像を絶する仕事です

でも、国際霊柩送還士の仕事は、遺族が亡くなった方の姿に涙して

その手で荼毘に付し、自分の心に現実を受け入れさせる手伝いなのだなと

読んでいるうちに感じられましたね

ひとつ心に残ったのは

中国の脱線事故で被害にあわれた高校生のご遺族の言葉

『どこかで「お母さん助けて、助けて!」と言っている気がする』

遺体の損傷が激しく、本人と確認が出来ないまま現地で荼毘に付され

遺骨となって帰って来た娘の死を、信じられずにいるのだそうです

国境を越えた地で亡くなると、家族はどんな思いをするのか

その気持ちを癒すための、大切な手続きが省かれた時

家族の心は、いつまでもさまよってしまうのかもしれません


このお仕事をしている方の言葉も、とても印象深かったです

親を失うと過去を失う
配偶者を失うと現在を失う
子を失うと未来を失う


実は、この本を読んでいる時に、あの高1女生徒の事件が起こりました

彼女は、一番愛しい人を亡くすことの悲しみを、誰よりも知っているはずなのに

なぜ、残された人の悲しみに、心が及ばなかったんでしょう

彼女は、被害者の未来だけでなく自分の未来すら失ってしまった事に

いつか気づくのでしょうか…




宜しければ拍手をお願いします♪

女子力の師匠

いい日焼け止め見つけた!

comment iconコメント ( 25 )

おくりびと…実家の母と映画館で観ました。
感動的な映画ですよね。
この映画で納棺師という仕事があると初めて知りました。

国際霊柩送還士というお仕事は、とても大変だということは聞いたことがあります。
家族を突然異国で失うというのは、想像を絶する辛さでしょうね。
その辛さに向き合えるようにする、とても意義のあるお仕事なのですね。

名前: しろくま [Edit] 2014-08-05 09:37

こんにちは。

私はいつもお葬式に行くと思います。
ご遺体と対面して、初めてその人が亡くなったことを知るって。
そうでないと、どこかで生きている気がしてならないんです。

あの高校生の件は、あまりにもひどすぎます。
加害者にも心の闇があったにせよ、常軌を逸してます。
命はそんな簡単なものではありません。

名前: miyazyy [Edit] 2014-08-05 11:14

こんにちは(^^)
世の中には色々なお仕事があるんですね。
日々生活をしていて、当たり前のことも色々なお仕事をしている人がいるからなりたっていると改めて実感しました。
佐世保の事件の事は、きっと容疑者本人だけの問題ではなくて周りの環境も大きく影響しているんでしょうね。小さい子を持つ私としては、自分の子育てはこの子たちがまっすぐに育ってくれるかとても不安になります。報道で親の子育ての経緯とか色々と表に出てきていますが、私も正直自分の方法が胸を張って正しいことをしているかと言えばかなり自信がありません…。
こういうニュースを見るたびにとても心配になってしまいます…。

名前: あだこMg [Edit] 2014-08-05 13:22

しろくまさま

こんにちは、しろくまさま

人の死を忌む物としてきた歴史から、国際霊柩送還士のお仕事も人材不足だそうですよ。
なにより、その大変さに本を読んでいるだけで、身震いがしたくらいです。
志望してきた人が、耐えきれずにやめて行くのだそうですから。
もっともっと、尊ばれて良い仕事だと思いますね。

名前: カミさん [Edit] 2014-08-05 15:47

miyazyyさま

こんにちは、 miyazyyさま

そうですね。
これが亡くなった方の遺骨ですと、ぽいっと骨壺を渡されても、わたしも信じきれないです。
きっとどこかで生きているって、思ってしまう。
この仕事は、そういう心にけじめをつけて、前に進むお手伝いをしてくれるのですね。

佐世保の事件は、止める手立ては幾つもあったのに、なにもしないままあの事件になってしまった事が、本当に悔しい…
診察した医師の言葉に耳を傾けて、きちんと対処していれば、未然に防げたのに。
辛さばかりがつのる事件です。

名前: カミさん [Edit] 2014-08-05 15:56

あだこMgさま

こんにちは、あだこMgさま

普段日本で生活していると、関わることのないお仕事の方々ですものね。
でも、我が家の夫も台湾には出張する事がありますし、家族や知人がいつ外国で事件に巻き込まれたり急病になったりするか、判りません。
そうなった時、どのようにして還ってくるのか、この本を読まなければ知りえなかったですね。
勉強にもなったし、感じ入る事も多かったです。

佐世保の事件は、日本中の親が、自分の育て方は大丈夫だっただろうかと自問したと思いますよ。
彼女の素因はあったにせよ、防ぐ機会が沢山あったのにと。
被害者の親族や友人の心の傷を考えると、辛いです。

名前: カミさん [Edit] 2014-08-05 16:07

そんな仕事があったのですね。

他国で亡くなられて帰国の時どうされているのだろうか?と思っていたのですが!

コメント書こうと思いながら・・家族の事を思いますと詰まってしまいました(T-T)

数年前におまわりさんから・・
電車に飛び込み自殺があってバラバラでも必死に探すんや〜辛いものだと聞いた事あります。

暫くはご飯が食べられないんだ〜と言っていました。
いろんな仕事してくれる人が居てくれるんですね。

おくりびとはテレビ放映でみました。
そんな仕事もあったのですね。

今回は貴女のブログで勉強になりました(ありがとう)

名前: batabatamama [Edit] 2014-08-05 16:46

batabatamamaさま

こんにちは、 batabatamamaさま

正直、読んでいて辛くなるような部分も多々ありました。
でも、読んでいるよりももっと壮絶な現実があるのだという事を、思い知らされましたね。
亡くなった方をきれいな姿で遺族に渡したい、その思いがなければやれる仕事ではありません。
わたしも、良い勉強をさせてもらいました。

名前: カミさん [Edit] 2014-08-05 18:06

こんばんは

父の死から おくりびとや 東京タワーの映画が見れなくなりました。
避けては 通れないことと 分かっているのですが。
このお仕事
テレビで紹介もされていました。
とっても大切なお仕事ですよね。

佐世保の事件も
色々なサインが出ていたかもしれないのに
防ぐことができなかったことが残念です。

名前: Bigサオリン [Edit] 2014-08-05 23:20

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

名前: - [Edit] 2014-08-06 00:07

私もこのような仕事があることを初めて知りました。
確固たる使命感がなければできない仕事ですね。
脱線事故で遺骨になって子供が還ってきたお母さんの言葉、
いつか還ってくる気がする・・わかるような気がします。
国際霊柩送還士の仕事は亡くなったご本人のためでもあり、
残されたご家族のためでもあるのですね。

佐世保の事件は本当に辛すぎます。
人の命を奪うということは、被害者とそのご家族、
加害者である自分やその家族、すべての人の
過去も現在も未来も奪うことなのにね。
彼女の信号をどうしてもっと早く気付き、
対処してあげられなかったのでしょうか。
本当に悔やまれてなりません。

名前: おばんです [Edit] 2014-08-06 00:45

このようなお仕事が実際にあるんですね~
海外での事故は政府が 国内の外国人は警察がちゃんとしているかと思ってましたが
その後はこうした機関に委託すんですね。
説明分だけで 気が重くないそうな小説で 手に取る勇気が・・・・ですが
親を失うと過去を失う
配偶者を失うと現在を失う
子を失うと未来を失う
とても 残ります。配偶者や子供を失うこと!実際になってみないと解らないことも多いでしょうね。
生きているだけで 私たちは幸せと思わないとあきませんよね。
素敵な記事をありがとうございました。

名前: nanami☆ [Edit] 2014-08-06 05:56

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

名前: - [Edit] 2014-08-06 06:23

親を亡くせば過去をなくす
配偶者を亡くせば現在をなくす
子供を亡くせば未来をなくす

この言葉
胸にずしんときました・・・・・

名前: マルチ君の母 [Edit] 2014-08-06 06:24

Bigサオリンさま

おはようございます、Bigサオリンさま

わたしも、実母・義父・伯父・知人が1年の間を置かずに、次々と亡くなった頃は、プライベートで黒い服を着る事すら出来ない時期がありました。
義母の初盆後にあの映画を見れたのは、この前記事としてアップした義母の夢があったからかもしれません。
愛しい人を亡くした経験があるからこそ、このルポは胸に迫るものがありました。
本当に、大切な尊ぶべき仕事だと思います。

名前: カミさん [Edit] 2014-08-06 07:37

鍵コメさま

おはようございます、鍵コメさま

本当にそうですね。
残された人の心を癒し、明日に向かっての一歩を踏み出すお手伝いをしてくれる、大切なお仕事です。
わたしも義母の時には、納棺師の方々にお世話になりました。
義母の安らかに眠っているかのような表情に、どれだけ慰められたでしょう。

名前: カミさん [Edit] 2014-08-06 07:43

おばんさま

おはようございます、おばんさま

わたしだってそうですよ。
この本を手に取らなかったら、知りえない仕事です。
でも、わたしたちの誰でも、いつそういう状態になるかわかりません。
そういう時に、きちんと悲しみ涙して、弔う事が出来るようにしてくれるんです。
脱線事故のお母様の事だって、わたしが当事者だったら、やはりそう思ってしまいます。
だって、自分が遺体を見て、荼毘に付した訳じゃあないのですもの。
信じたくなんて、ありません!
とても大切なお仕事だと、痛感しますね。

名前: カミさん [Edit] 2014-08-06 07:51

nanami☆さま

おはようございます、nanami☆さま

そうなんですよ!
わたしもとても勉強にもなりました。
記事では割愛しましたが、外国で亡くなった場合は手続きも煩雑で、保険に入っていなかったらすさまじい費用も発生します。
そういう事も、赤裸々に書いてありましたね。
色々な意味で、大切な尊ぶべきお仕事です。
悲しむべき時に、きちんと悲しむ事が出来なければ、明日に向かって踏み出す事も出来ない。
その事にも、再認識しました。

名前: カミさん [Edit] 2014-08-06 08:00

マルチ君の母さま

おはようございます、 マルチ君の母さま

大切に思っていればいるほど、亡くした方への思いは強くなっていきます。
わたしの周りでも、伴侶を亡くされた方やお子さんを亡くされた方がいて、その方達は今もあの時に気がつけばと、自分を責めていらっしゃいます。


親を失うと過去を失う
配偶者を失うと現在を失う
子を失うと未来を失う

この言葉は、わたしも一生覚えていると思います。

名前: カミさん [Edit] 2014-08-06 08:07

国際霊柩送還士
初めて聞いたときはそんな職業があるんだとびっくりしました
大変なお仕事と聞いたことがあります
海外でなくても大切な人が
急にいなくなるなんて遺族にとっては耐え難いことですもの
最後のお別れができないと
私なんかはずーっと気持ちの整理ができないんじゃないかなと思います

最後の言葉は
心に響きますね


名前: honey*caramel [Edit] 2014-08-06 11:37

honey*caramelさま

こんにちは、honey*caramelさま

国際霊柩送還士という言葉も仕事も、この本を手に取らなかったら知らなかったわたしです。
大切な人が海外で亡くなって、しかも遺骨の状態での対面だったら、わたしも絶対にその死を信じる事が出来ないと思います。
きちんと、現実に向き合う事が出来るようにする、大切なお仕事ですね。
この本を読んで良かったです。

名前: カミさん [Edit] 2014-08-06 12:23

こんにちは。

すごく読みたくなりました。
これだけで涙が出そうになってしまいました。

異国で亡くなって、亡骸も見られずに現実だけを突きつけられる親族の
気持ちを思うと、胸が締め付けられる思いがします。

こうゆうお仕事があるなんて知らなかったです。

本屋さんに行ったら探してみます。
アマゾンでも見てみよう。

名前: きゃろたんと [Edit] 2014-08-06 16:52

きゃろたんとさま

こんにちは、きゃろたんとさま

読んでいて、胸を突かれる思いに何度も涙しました。
こういうお仕事がある事も知らずにいましたが、本当に大切な尊い仕事でしたね。
大切な人を亡くす悲しみを癒す事の難しさも、また教えてくれました。

名前: カミさん [Edit] 2014-08-06 17:07

こんにちは~👒

最近は本を読む時間も無くて・・
面白そうな本のご紹介📖
心に留めて置きまする

名前: maximus1 [Edit] 2014-08-07 09:13

maximus1さま

こんにちは、 maximus1さま

日本は火葬の国なので、エンバーミング自体の理解も普及も遅れているので、国際霊柩送還士というお仕事もなかなか理解されていないのが、現状です。
わたしも、全然知りませんでした。
でも、現実に向き合うと、なくてはならないお仕事なんですよね。
読んで良かったと思えた本でした。

名前: カミさん [Edit] 2014-08-07 14:37

コメントの投稿






trackback iconトラックバック ( 0 )

Trackback URL:

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)