2014032909270155e.jpg

さくらスイーツ第二弾!

お馴染みの『桜餅』ですよぉ(^◇^)

生地はうるち米ともち米を合わせた『おはぎ』の生地です

突きあげる時のお水は、サクラの花の塩漬けを戻した水で

色は特別に付けてはいません

でも、綺麗でしょう?

『桜葉』は自家製です

早咲き桜の河津桜の葉が、ちょうど良い具合に出てきていたので

ご近所からいただいて加工しました

20140329092626a73.jpg

出始めた若葉を摘んできて、塩茹でにして

冷水にさらしてから、塩漬けにして押して

3日ほど経ったものなんですよぉ

これを洗って、塩分を落としておきます

20140329092643d5c.jpg

突きあがった『おはぎ』の生地で餡を包み

桜葉を巻いて、花を上にのせてます

早咲き桜の葉の出る頃が、ソメイヨシノの花の時期なので

こんな風に若葉で『桜餅』を作れます

餡を包んだ生地を葉でサンドしただけでも、いいですよぉ

花が無い時には、その方法にしていますから(#^.^#)

あっ、もちろん葉っぱをいただいたお宅には、桜餅でお返しです





宜しければ拍手をお願いします♪

コギケツ

サクラゼリーですよぉ

comment iconコメント ( 22 )

お久しぶりのコメントです(^-^)
とっても春らしい和菓子ですよね。
桜の葉まで手作りしてしまうなんて、さすがカミさん!
すごいです♫その発想自体ありませんでした。
となりの中学校にいくらでも桜の葉っぱがありますが、ちぎる勇気がありません(笑)
和菓子って季節を感じられて素敵ですよね。
カミさん、「和菓子のアン」って本、読んだ事ありますか?あれで和菓子にますます興味が湧きました(^O^)

名前: さわさわっ [Edit] 2014-03-29 11:34

さわさわっさま

こんにちは、さわさわっさま

いえ、知りませんでした。
「和菓子のアン」ですね。どんな内容なんでしょう。
今度図書館で探してみますね。

桜葉の塩漬けは、意外と簡単なんですよ。
試してみる価値がありますよ(^◇^)

名前: カミさん [Edit] 2014-03-29 13:40

桜餅(桜葉、自家製)

カミさんへ
桜餅も手作りって、すごいですね
しかも、桜葉も自家製なんて、プロですよ
(桜葉はスーパーや食材店で売っているので、買ってくる物と思っていました)ご主人は、食べてくれたのかな?

「和菓子のアン」ミステリー小説です 日常(和菓子販売のアルバイト)の謎が書かれています 北村薫の雰囲気です 作家さんは坂木司です
図書館で探して見てください 

名前: ヨッシィー [Edit] 2014-03-29 15:47

えっ~桜も自家製とは~
さすがカミさんさん やりますね~
私ね!農学博士の田中修氏の本が好きで
植物のブログ記事をする時は博士の本から引用するとこが多いのですが
博士の本に桜餅の葉っぱは伊豆大島で栽培されるオオシマサクラがいいとあって
(ソメイヨシノは繊維の筋が残る)
なので 自分で作ったなんて~びっくりしました。
すべてオオシマサクラを塩漬けが売っていると思っているなんて~
私もアホですね(笑)
河津桜は繊維はどうですか?



名前: nanami☆ [Edit] 2014-03-29 19:38

ヨッシィーさま

こんばんは、ヨッシィーさま

持ち上げすぎです、ヨッシィーさま
田舎のオバサンが家事の合間に作るオヤツですから、簡単に出来るものばかりなんです。
桜葉も、作ってみれば簡単ですよ。

名前: カミさん [Edit] 2014-03-29 20:36

nanami☆さま

こんばんは、 nanami☆さま

河津桜は、オオシマザクラとカンヒザクラの交配種なんですよ。
だから河津桜の若葉は柔らかで綺麗で、桜餅にもいい感じなんですよ。
ちょうどこの時期に、いい感じに若葉が出ているんです。
桜餅用に、数日前にこうやっておけば、色鮮やかで美味しい桜葉が出来あがるんですよ。
市販の物は茶色ですけど、ホントに綺麗な色の桜葉でしょう?

名前: カミさん [Edit] 2014-03-29 20:43

桜餅まで 手作りなんですね~
大好きなんで 何個でもぱくぱく!?
バクバク!?行けそうです!!
桜餅大好きなんで 豆乳の桜味を買ってみたら
私は 桜風味は 豆乳ではなくて
絶対 桜餅!!って思いました。

名前: Bigサオリン [Edit] 2014-03-29 23:28

桜餅って大好き!!!!
一気に5,6個いけちゃいます
って自慢にもなんにもならないのですが(笑

河津桜の葉っぱで自家製だなんて
色も鮮やかで
むしろ自家製のほうが
きれいで良いですね!!!

塩茹でして塩漬けするのですね
あの葉っぱがお高いのですよね・・・
さすがカミさん様です!!!!

名前: マルチ君の母 [Edit] 2014-03-30 07:23

Bigサオリンさま

おはようございます、Bigサオリンさま

道成寺粉や色紅も使っていない桜餅ですけどね(^◇^)
出来たての桜葉と桜の花で、綺麗な春のお餅ですよ。
河津桜の葉っぱがちょうど良く出てきているので、簡単な作り方ですけど桜葉が出来るんです。
桜の季節なので、作っちゃいました(^◇^)

名前: カミさん [Edit] 2014-03-30 08:37

桜餅…葉っぱも自家製で本格的ですね!さすがです☆
お花ものって…とても素敵です( ^(ェ)^ )

最近、全然スイーツを作ってなくて…
何か作ろうと思って買った生クリームも紅茶に入れて飲んでます(笑)

名前: しろくま [Edit] 2014-03-30 08:46

マルチ君の母さま

おはようございます、マルチ君の母さま

ソメイヨシノの花の時期には早咲き桜はもう葉桜で、柔らかな若葉は桜餅にしてよと誘っていますもの。
ホントに簡単に桜葉の塩漬けは出来ちゃうし、長期保存ではないので鮮やかな色味も楽しめるんです。
お餅もおはぎの作り方で出来ちゃうんですよ。

名前: カミさん [Edit] 2014-03-30 08:47

しろくまさま

おはようございます、しろくまさま

桜葉ってなかなか売っていませんものね。
でも、簡単に作れるものなんですよ。河津桜の葉っぱは柔らかで、色鮮やかに仕上がるし、いい事づくめ(^◇^)
我が家も苗木を買っちゃおうかな。

名前: カミさん [Edit] 2014-03-30 09:42

桜の葉も手作りお見事ですう~
美味しそうですねえ~桜餅大好きです
写真見たら食べたくなったので明日買いに行こうかと思います(笑)

名前: まめまもる [Edit] 2014-03-30 22:37

まめまもるさま

おはようございます、まめまもるさま

近所に河津桜を庭に植えているお宅があるので、お願いして若葉を少しいただいて作ったんです。でも、簡単なんですよ。
お漬物の要領で出来ちゃいます。
春の味ですよね(^◇^)

名前: カミさん [Edit] 2014-03-31 08:12

カミさんがご近所さんだったならなぁ~って思いましたよん^m^
いただきに伺う。。。。

桜葉の塩気があんこの甘味と交わると
美味なんですよね~。
熱いいお茶で流し込んだら美味しいことこの上ないことでしょう。

名前: めぐ [Edit] 2014-03-31 11:43

お店の商品かと思っちゃいました。(@o@)

桜餅の葉まで自家製なんて、カミさんお菓子屋さんが開けますね。
桜の花のアクセントがまたおしゃれ♪

名前: miyazyy [Edit] 2014-03-31 11:49

めぐさま

こんにちは、めぐさま

そうですよね♥
ご近所だったら、桜餅持って伺っちゃいます。
ついでにりんちゃん連れだして、Wコギで花見のお散歩!
最高ですよ!!!

名前: カミさん [Edit] 2014-03-31 13:40

miyazyyさま

こんにちは、miyazyyさま

桜餅作りたくても、どこにも桜葉を売っていない田舎なので、苦肉の策で作っているんですよ。
でも、作って3日程しか経っていない桜葉なので、緑が鮮やかでしょう
(*^_^*)
早咲き桜サマサマなんです。

名前: カミさん [Edit] 2014-03-31 13:45

いつもコメントありがとうございます。

桜餅もお手製ですか?尊敬です。
葉の塩味とあんこが絶妙に合いますよね。
春ですね(*^-^)

名前: batabatamama [Edit] 2014-03-31 17:48

batabatamamaさま

こんばんは、batabatamamaさま

桜葉を売っている所がなくって、しょうがないので自分で作っているんです。
河津桜の葉がちょうどいい具合だったし、作り方も簡単。
おはぎの要領ですから(^◇^)
春になると食べたくなりますね~!

名前: カミさん [Edit] 2014-03-31 20:40

こんにちは

今日公園で満開の桜を見上げながら、
この記事の桜餅を思い出してしまいました!(笑)
若葉を使うのは、手作りならではですね♪

名前: 里花 [Edit] 2014-04-03 16:55

里花さま

こんにちは、里花さま

田舎で桜葉を売っていないので、苦肉の策で手作りなんです(^◇^)
河津桜の葉が、またちょうどいいんです。
片方の親のオオシマザクラが、市販の桜葉の材料なのですよ。

名前: カミさん [Edit] 2014-04-03 18:44

コメントの投稿






trackback iconトラックバック ( 0 )

Trackback URL:

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)