今日はちょっとプチ都会の静岡へ

買い出しに行ってきましたよぉ

20140323193013457.jpg

田舎には珈琲豆を売っている所がないので

カルディで珈琲豆を挽いてもらって

覗いたデパートの地下街で、コーヒーのおつまみと

20140323192953fa0.jpg

ハード系のパンも買いましょうねぇ(*^_^*)

期間限定で売っていた、ガトーフェスタハラダさんのラスクもね!

ついでに、東京ー静岡の往復新幹線チケットを買って

田舎に帰ってきましたぁ


でも、デパートからの帰り道、考えさせられる事が…


わたしが歩いていると、その先の場所に

盲導犬が○○○をしてしまって困っていらっしゃる方がいました

その処理のお手伝いをして、その方とお話しをしたら

人ごみが多いせいで、盲導犬が歩くのが大変になってしまって

駅まで行くのに困っていらしたんですよ

その為、駅近くまで同行する事にしました

その時に、考えてしまう事があったんですよぉ

その方が左手はハーネス、右手はわたしの腕を掴んで歩いたんですけど

若い方や子供は、わたし達に道を開けてくれるんです

でも、わたし達くらいの年齢の方から上の方達は

わたしが『すみません…』って言ってから、開けてもらったり

そう言っても無視する方がしばしば…

ちょっと悲しくなってしまいました

義母が高齢になって、緑内障を発症して

片目がほとんど見えなくなり、もう片方も視力が落ち大変でした

どんな人だって、いつそうなるかわかったもんじゃあありません

人生を多く生きてきた人たちだからこそ

周りを見て、的確な判断の出来る大人であって欲しいと思います


駅近くのお店に用事があったわたしに

『もう大丈夫です。有難う』

と言って、盲導犬と寄り添いながら歩いていくその方の背に

『お気をつけて…』と言いながら

落ち着きを取り戻し、しっかりとした歩みでリードする盲導犬にも

『頑張れ!!!』と心でエールを送りました




宜しければ拍手をお願いします♪

真っ白な花

牡丹餅出来ました

comment iconコメント ( 22 )

はじめまして!

いつも、訪問してくださってありがとうございます!!

とても、優しい方なんですね(*^_^*)
記事を読んで、こちらも襟を正さなければと思いました。
そして、無視する人達の事については、
すごく共感します。
若い方や、子どもの方が親切な事、多いですよね。
大の大人が・・・
残念な事です(泣)

初めてのコメで、
長々とすみませんでした^^;

これからも、よろしくお願いしますm(_ _)m

名前: りん [Edit] 2014-03-23 22:13

カミさん様の優しさが伝わってきますね・・・
盲導犬君も人が多くて
ストレスが大変だっただろうな・・・って
思いました

そうなんですよね・・・
わりと年が上の方のほうが
自分中心と言うか回りが見えないというか
なぜか・・・

自分も気をつけようと
改めて思ったしだいです

名前: マルチ君の母 [Edit] 2014-03-24 06:18

りんさま

はじめまして、りんさま

こちらこそ、こっそりおじゃましてばかりでした。
ごめんなさい<m(__)m>

いつもはこういう事は書いたりしないのですけど、あまりに気になったんです。驚いたというのが、正直な感想ですね。
わたしこそ、いつも自分がしている事を省みる機会となりました。

これからも、宜しくおねがいします。

名前: カミさん [Edit] 2014-03-24 10:06

マルチ君の母さま

休日でイベントをやっていたりしていたので、人手が多かったんですよ。
歩道はものすごく広いわけではないので、行き交う人々で犬が委縮してしまっていました。
お手伝いの声をかけずにはいられなかったんです。
一緒に歩いてみて、その大変さの一端を知りましたね。
わたしも、気をつけなくてはいけないと思いました。

名前: カミさん [Edit] 2014-03-24 10:12

こんにちは カミさん
いい出会いがあったのですね。

日本はまだまだ障害者の方々への配慮や設備に欠けてるので、
異変に気づいたら手助けをするのは人として当たり前でしょうが・・
最近いい歳した大人の方の「自分さえよければ」てきな
行為がやたら目につきます。
スーパーの車椅子専用駐車場は大抵そんな人達が停めてますもん(;´Д`)
いくつになっても人や動物に優しい人間でいたいものですね。
カミさんのことますます惚れちゃいましたよん♪( *´艸`)

名前: eko+ [Edit] 2014-03-24 14:57

僕の父親が盲人なので
僕が子供のころは、僕が手を引いたものですが
そうなんですよ、若い方はそういう「マナー」がしっかりしてるんですが
高齢の方の中にたまに、知らん顔される方がいるんですよね
それでも今は昔に比べると、だいぶ良くなったんです
昔は「○○(盲人の蔑称)なんかが出歩くんじゃねえ」って
怒られたことがありますよ    怒

名前: 加夢 [Edit] 2014-03-24 16:04

eko+さま

こんにちは、eko+さま

車椅子専用駐車場、確かにどう見ても健常者の方達が堂々と使用しています。
何度言ってやろうかと思った事か…
でも、思いっきり睨むくらいしか、出来ないのですよぉ(T_T)
せめて、手助けが必要な人がいた時は、迷わずに手を差し出したいって思うの。

名前: カミさん [Edit] 2014-03-24 16:57

加夢さま

こんにちは、加夢さま

そうでしたね、加夢さまのお父様は目が不自由だったのでしたね。
昔はもっとひどかったんですか?
今回、わたしは怒りよりも悲しくなってしまいました。
若い人の手本でないといけない年齢の方々の行動に…ホントに…
普段はこういう事を書かないようにしていたのですが、これだけは書きたかったんですよ。

名前: カミさん [Edit] 2014-03-24 17:04

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

名前: - [Edit] 2014-03-24 17:30

鍵コメさま

こんにちは、鍵コメさま

わたしも、盲導犬がそういう状態になっているのを見たのは初めてでした。
それなので、同行を申し出たんです。
その前に何があったのか判りませんが、歩いているうちに落ち着いていくのも判ったので、良かったです。

名前: カミさん [Edit] 2014-03-24 18:20

プチ都会へ、ようこそ。初めまして。
私も高齢者なんですが、高齢者という甘えもあるかもしれませんが、本当に視界が狭く、耳も遠くなって、物を忘れる、周りが見えない。(同じ活動をしている方を見ましても)若い時には考えられない酷さです。
でも、ルール破りにはカチンときて、注意をしてしまいますよ。

名前: **ばーばら** [Edit] 2014-03-24 19:36

**ばーばら**さま

こんばんは、**ばーばら**さま

はじめまして
ちょっと田舎に住んでいるカミさんです(#^.^#)

わたしも、夏に亡くなった義母の介護を3年しておりましたので、高齢化による諸々の事情はわかっているつもりですので、大丈夫ですよぉ。
いえ、高齢の方だったらまだ判るのですが…
皆さん、高齢者と言ったら叱られそうな方々でした。

ルール破りを叱って下さる**ばーばら**さまのような方ばかりだと、嬉しいですね。

名前: カミさん [Edit] 2014-03-24 20:35

このラスク、バターが効いていて美味しいんですよね~(^_-)-☆
たくさんは食べれないけれど美味しいと感じる甘味です♪

困っていた方はカミさんのお手伝いでどれだけ心強かったことでしょう。

人間は誰しもが1人じゃ生きていけないのにね。
助け合って補い合って生きているものなのに・・・
道を譲ろうとしなかった方、相手の身になって考えられない心の乏しい方なんでしょう。

以前に駅の出入り口付近で盲導犬は連れていない杖をついた若い男性が
障害物に ぶつかって前進出来ずに困っていらしたので
腕をお貸ししたことがあるんですが
わたしより前を歩いていた方は大勢いらしたのに見てみぬフリなんですよ。
なんで?世の中、冷たい!憤慨しましたよ。

名前: めぐ [Edit] 2014-03-24 23:41

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

名前: - [Edit] 2014-03-24 23:43

大人でも心のゆとりがない方が多かったりしますよね。
自分が経験しないと分からないのかもしれませんけど、哀しいですね。
カミさんの心温まる話にウルッとしちゃいました。
(最近涙もろいです…(o^(ェ)^o)ゞ)
私も温かい思いやりを忘れずに生活したいなと思います。

名前: しろくま [Edit] 2014-03-25 07:10

めぐさま

おはようございます、めぐさま

そうなんです。
目が良く見えないって事は、目の前の障害物を上手く除ける事が出来ないって事なんですよ。
だから、障害物を除けたり道をゆずったりしてあげたいって思います。
たったそれだけの事が出来ない人がこんなに多かったのかと言う思いで、つい書いてしまったんですよ。

名前: カミさん [Edit] 2014-03-25 08:58

おはようございます、鍵コメさま

ありがとうございます。
普段道を歩いた時には気がつかなかった事が、こういう時には本当に見えてきますね。
わたしも、普段の自分の行動を気をつけていきたいです。

名前: カミさん [Edit] 2014-03-25 09:02

しろくまさま

おはようございます、しろくまさま

それでも若い方や子供達は、自然に道を開けていってくれたんです。
日本の将来を担う若者たちは、捨てたもんじゃありません。(いえ、そんなこと言っちゃあいけませんね)
わたし達やその上の世代の人達は『今の若い人は…』といいたがりますが、こういう時の行動は見習わないといけませんね。

名前: カミさん [Edit] 2014-03-25 09:08

カミさん こんばんは
カミさんの行動に頭が下がります
自分なら出来るかと考えると、思っていても行動に移せなそうです
せめて、道は開けたいですね

心が温まる記事をありがとうございます

名前: ヨッシィー [Edit] 2014-03-25 17:59

ヨッシィーさま

こんばんは、ヨッシィーさま

ありがとうございます。
頭で考える前に、身体が動いていました。
盲導犬がそういう状態になるって事は、非常事態ですから。
義母が目が少し不自由でしたので、そう言う事に敏感になっているようです。
普段は、何もない所でこけるようなオバサンですよ。

名前: カミさん [Edit] 2014-03-25 19:30

カミさんらしい勇気ある行動でしたね。
その方の立場になって初めて見えてくることもありますね。
だけど自分のことしか考えない人、多いですよね。
歩道の点字のところに自転車を停めていたり……
こちらでもよく見かけます(-_-;)
私、盲導犬を見る度に頑張れ~って心の中で
エールを送るんですよ。
健気で‥‥その子も頑張ってほしいな。

名前: おばんです [Edit] 2014-03-29 01:26

おばんさま

おはようございます、おばんさま

盲導犬が○○○っていうのも異常なことですし、見て見ぬふりは出来なかったんです。
飼い主のパニックが犬に伝わっているのも判りましたし。
落ち着くまでは、とにかく一緒に行動しようと思ったんです。
歩きながら会話をして、飼い主さんも盲導犬ももう大丈夫と思ったので別れました。
わたしにも、色々考えさせられる出来事でした。

名前: カミさん [Edit] 2014-03-29 09:41

コメントの投稿






trackback iconトラックバック ( 0 )

Trackback URL:

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)