住んでいる市から、原子力問題についての小冊子が、配布されました

中を見ると、なかなか判りやすく書いてあります

気になったところが幾つかあったので、何回かに分けて紹介していこうと思います

福島の事故調査は
国会・政府・民間・東電
の4つの事故調査委員会で、されているんですね

なんだか
『1つにまとめれば良いじゃないの』
と言いたくなりましたが、これはそれぞれの立場で検証するためだそうですねぇ

画像を拡大して見てもらえると、嬉しいです

ちょっと面白いですねぇ

1番最後の『情報公開、SPEEDI』の欄
政府だけが、活用は困難ってなっていますよぉ

これって、事故の時に放射能の飛散地域が、SPEEDIで予測されていたのに、政府が公開しなかったせいで、飛散方向に避難してしまった件の事ですね

100億かけて開発されて、5000枚の試算をしたのに、何故?!

と、物凄く怒れた記憶があります

公開しなかったせいで、放射能にさらされた人達が沢山いたかと思うと、たまらなくやり切れなかっんです

他の事故調査委員会が利用可能だった、と言っているのと、対照的ですねぇ




宜しければ拍手をお願いします♪

浴室の排水溝に

酒粕の美味しい季節

comment iconコメント ( 2 )

こんにちは

こんにちは

日本政府の公開遅かったですよね

アメリカや他の国は
すぐに80キロ圏外への避難指示が出ていたのにi-201

日本政府の対応は国民の安全より
いかに補償を少なくするかってことしか考えていないんだなって思ってしまいました

名前: honey*caramel [Edit] 2012-11-29 13:21

honey*caramel さま

こんにちは、honey*caramel さま

本当にそうですよね。
我が家は浜岡原発から車で12分、福島のニュースは食い入るように見ていました。
明日は我が身ですからね。
SPEEDIのことだって、随分たってから『実は…』て感じだったでしょう。
原爆を落とされた国なんです。
世界中のどこよりも、放射能の恐ろしさが判っているはずなんです。
怒りより悲しくなってしまいました。

名前: カミさん [Edit] 2012-11-29 14:44

コメントの投稿






trackback iconトラックバック ( 0 )

Trackback URL:

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)