わたしは、掃除や洗濯の洗剤の助剤には基本『セスキ炭酸ソーダ』を使っているんです

重曹を使うのは
入浴剤代わり
シルバーの黒ずみ取り
鍋の焦げ落とし
だけですねぇ

何故かと言うと、重曹は水に溶けにくいし、かと言ってお湯に溶かしたりして加熱すると、炭酸ガスを発生するんです

なので、重曹を使う時は、その特性を反対に利用した使い方をしているんですよぉ

シルバーが綺麗になるのは、シルバーが空気に含まれる硫化水素と反応する事で表面に出来た硫化銀を、また化学反応でシルバーから離れさせるからだそうですよ

重曹を入浴剤として使うのも、お湯に炭酸ガスが溶け込み、血行が良くなり、またアルカリ性になる事で、肌の余分な角質や皮脂を溶かしてくれるからですね

同じ理由で、浴槽の汚れを溶かすので、掃除が格段に楽になります

焦げ落としは、熱を加え炭酸ガスが出る時の泡が焦げを浮かして、アルカリで焦げを溶かすという、ダブル効果で落とすそうですよぉ

重曹とセスキ炭酸ソーダ、上手に使っていきたいです


宜しければ拍手をお願いします♪

庭の植えつけ

タルトタタンの季節到来

comment iconコメント ( 6 )

こんにちは♪

シルバー、早速重曹でやってみたら綺麗になりましたよ。
その重曹でお掃除にも使ってます。
今までの洗剤より綺麗になるような気がして。
ここ数回は重曹のみで掃除しています。

用途に合わせて使い分けてるカミさん凄いなぁ。
毎回、メモっちゃいます。

名前: special☆rainbows [Edit] 2012-10-22 06:05

special☆rainbows さま

おはようございます、special☆rainbows さま

重曹は弱アルカリなので、油汚れやたんぱく質汚れに強いんです。
クレンザー代わりにもなりますから、少量の水と重曹でゴシゴシして、熱いお湯をちょっと掛けて、またこすると汚れ落ちが良くなりますよ(^-^)

名前: カミさん [Edit] 2012-10-22 07:58

No title

化学反応・・なんて、カミさんはもしかして理系かな??
まだ重曹が残っていて、汚くなったヤカンの表面を
洗おうと思いますが、水と重曹でゴシゴシして、
お湯をかけてまたゴシゴシすればいいんですね。

『セスキ炭酸ソーダ』ってはじめて聞きました。
洗剤代わりに使うということですが、
スーパーで売っているのかな。見たことありませんが。

口紅でシルバーを拭く方法、
あれからずっとやっていますよ。
本当に知ってよかった。シルバーをきれいにする液体って、
結構高いんですもん。これは節約にもつながりました!!

名前: おばんです [Edit] 2012-10-22 21:20

おばんさま

いえいえ、がっつり文系です。
セスキ炭酸ソーダは、セリアにも売っていますよ。
重曹より油やたんぱく質汚れを落としますし、何より水に良く溶けます。
スプレー容器に水溶液を入れて、ガスレンジの油汚れ等に吹きかけて綺麗にしています。

名前: カミさん [Edit] 2012-10-22 21:54

なるほどー

重曹、水に溶けにくいのが私も気になっていたんです。
セスキは前にお洗濯に使ったことあるけど、お掃除にも使えるんですね~。また買ってみます♪

ホントこのブログ、勉強になります!!

名前: すくるん [Edit] 2012-10-23 13:04

すくるんさま

こんにちは、すくるんさま

セスキ炭酸ソーダは、油汚れに強いですよ。少量の台所洗剤をプラスすると、さらに強力になります。
重曹もセスキも他のものと組み合わせると、思わぬ効果が面白いです。

名前: カミさん [Edit] 2012-10-23 13:51

コメントの投稿






trackback iconトラックバック ( 0 )

Trackback URL:

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)