201408050705587a8.jpg

この前読んだ本がとても良かったので、ちょっと紹介

『エンジェルフライト』フリーライターの佐々涼子さんの本です

『2012年開高健ノンフィクション賞』を受賞しています


この本を手に取ったきっかけは、映画の『おくりびと』

1年以上前に、TVロードショーを録画しておいて

義母が他界して、気持ち的に見れずにいたものの

一周忌と初盆を終え、心の整理がついた時

ふと『見てみたい』と思えて…

やはり大泣きしながら見ちゃいましたよ

それで、こういう仕事に携わる方々のルポの本があったら

読んでみたいと思って、図書館で借りてきました


エンジェルフライトは、国際霊柩送還士というお仕事です

海外で亡くなって日本に帰って来た故人を、ご遺族が御対面出来る状態にしてお渡しする

反対に外国の方が日本で亡くなった場合も、その国にきちんとお送り出来る処理を

マスコミに取り上げられた事件の被害者たちのその後も、そうでない方々のその後も

それに携わる方々の姿を通して、見えてきます

アメリカ等の、きちんとエンバーミングされた状態で還ってくるのは

ほんの一握り…

現地の遺体ビジネスの被害にあって、ボロボロの状態で還ってくる方も

そういう方を、遺族や親しい方々とお別れ出来る状態にするのは

想像を絶する仕事です

でも、国際霊柩送還士の仕事は、遺族が亡くなった方の姿に涙して

その手で荼毘に付し、自分の心に現実を受け入れさせる手伝いなのだなと

読んでいるうちに感じられましたね

ひとつ心に残ったのは

中国の脱線事故で被害にあわれた高校生のご遺族の言葉

『どこかで「お母さん助けて、助けて!」と言っている気がする』

遺体の損傷が激しく、本人と確認が出来ないまま現地で荼毘に付され

遺骨となって帰って来た娘の死を、信じられずにいるのだそうです

国境を越えた地で亡くなると、家族はどんな思いをするのか

その気持ちを癒すための、大切な手続きが省かれた時

家族の心は、いつまでもさまよってしまうのかもしれません


このお仕事をしている方の言葉も、とても印象深かったです

親を失うと過去を失う
配偶者を失うと現在を失う
子を失うと未来を失う


実は、この本を読んでいる時に、あの高1女生徒の事件が起こりました

彼女は、一番愛しい人を亡くすことの悲しみを、誰よりも知っているはずなのに

なぜ、残された人の悲しみに、心が及ばなかったんでしょう

彼女は、被害者の未来だけでなく自分の未来すら失ってしまった事に

いつか気づくのでしょうか…




宜しければ拍手をお願いします♪

image_20130622204553.jpg

予約をしていた本の順番がきましたと、図書館から連絡があったので

借りに行ってきました

いとうせいこう氏の本 『想像ラジオ』

この本を借りようか、悩んだんですよね

でも、予約の順番が前に2人いたので、それまでに気持ちを決めようって思って…

結果、借りることにしたんです

わたしは以前、アニメに津波シーンがあっただけで3.11のTV画像が蘇って

気分が悪くなった事があったんですよぉ

だから、本を開く時にドキドキでした

でも、この本は祈りの本でした

読んだ後、ただ祈らずにはいられない

そんな本でした




宜しければ拍手をお願いします♪


やっぱり読書ですよぉ

で、本棚から引っ張り出してきました

ご存知『宮部みゆき』さんですね(^。^)
もう十数年前から、新作が出る度に読んでいる大好きな作家さんですが、特に好きなんですよ、この人の書く江戸物…

どこか哀しくて暖かい、そして怖いんですもの…

昼間の暑さを忘れたような、冷え込んだ風が窓の隙間から入り込むような、秋の夜にぴったりの作品ですよ

さてと、蛍光灯を消して、スタンドの灯だけにして読みましょうか

飲み物はココア…
いえ、こんな夜に宮部みゆきの江戸物ですもの
トロリとした温かな葛湯
がよいでしょう


宜しければ拍手をお願いします♪



実家の近所にある、崩れかけた堀の石垣です

下の画像の小説の『魚の棲む城』舞台となった城の遺構です

夢の残骸と呼べるかもしれません

仙台河岸(せんだいがし)と呼ばれる、数少ない相良城の遺構です

これは城の一番外の石垣で、そのすぐ先は今は川となっていますが、江戸時代は千石船が着けるほどの港でした

城の脇に千石船が着き、
堀で黒鯛などの魚が釣れる、まさに魚の棲む城でした

田沼意次の失脚するや否や、政敵だった松平定信によって城は完全に破壊され、残った物は石垣だけだったのです

元々保存もしっかりとせずに崩れかけた石垣でしたが、2009年8月11日、震度6の地震がこの地方にあったのですが、その時にさらに崩れ、今だ修復もされていません

夢の残骸ですが、近年再評価されつつある、田沼意次の石垣、なんとかならないのでしょうか…


宜しければ拍手をお願いします♪


小説新潮に9年連載され、昨年11月号で完結を迎えた『ソロモンの偽証』

宮部みゆきの作品です

まだ書籍化はされていません

たしか8月の後半に第一部が発行される予定です

物語の始まりはこうです

中学校の屋上から2年生の男子生徒が転落し死亡した事件が起こります

事件は『自殺』として処理されますが、死亡した同級生の間では、彼は不良グループの三人に殺されたという噂が広まりました

その事でマスコミが動き出し、学校は騒然となる



連載中は、こんな事本当に起こったりするんだろうか?さすがに、起こらないよね、と思いつつ読んでいたんですけど…

事実は小説よりも奇なり
になってしまいました

起こって欲しくない事ばかりが現実に起こります




宜しければ拍手をお願いします♪