20170923125232165.jpg

今日は、お彼岸の中日

いつものように、おはぎ作りですよぉ(^o^)/

餡はご飯を炊く前に、小分けして丸めておきます

ご飯の中に入れるものと、ごはんを包むものは大きさを変えて

包む方は、入れるものの倍くらいの大きさにするの

こうやって丸めておくと、餡の量も均一になるし

何より、作業のスピードがぐっと速くなるんです

もち米とうるち米の比率は、だいたい7:3

もっちりとしたうるち米だと、6:4くらいにしています

炊いたご飯を、半殺しにして…

あっと、半殺しはご飯を半分つぶした状態ね♪

ちなみに普通のお餅は、皆殺しって言うんですって(^◇^)

ご飯も、どんどんちぎって軽くだんごにしたら

餡をくるんで、きな粉や胡麻入りタッパーに転がしたり

餡で団子を包んだり(*^_^*)

ほら、あっという間におはぎの出来上がり💛

お仏壇に供えたら、実家の分を風呂敷に包んで届けます

いつものお彼岸を迎えることが出来るって、幸せですよね




宜しければ拍手をお願いします♪

20170714181155216.jpg

昨日から、我が家地区はお盆です

いつものようにお盆の棚を出して、ゴザを敷いて

果物や野菜や素麺を供えて

牛馬を飾って、胡瓜とナスとお米で牛馬のエサを作って

20170714181139c47.jpg

ススキとミソハギで、お盆のお花を作って

仏壇とお墓のお花を交換したら、お盆を迎える準備OK

夕方には迎え火を焚いて、落ち着き団子を供えます

お盆の間には、3食お膳を作るけど

今年は、わたしたちの食べるものをお膳にしちゃいます

義母の好きだったナスのキーマカレーも、お昼に供えちゃいましたよ(^◇^)

『あら、今年はキーマカレーね』なんて、言っているかもしれませんね

義父のために、お酒も供えましょうか?

もちろん、おつまみも添えて(*^_^*)




宜しければ拍手をお願いします♪

2017062017064936e.jpg

この前の日曜日は、父の日

夫への長女からのプレゼントは、この焼酎なの

箱根旅行の時、ホテルの部屋に着いた時に

長女が旅行鞄から出して、贈っていました

『こんな重いもの持って、東京から箱根まで来ていたの?』

と、思わず言ってしまいましたよ…

『うん、一升瓶の方にしなくて良かった(^◇^)』

…確かに…

ホテルの食事は部屋食だったので、早速封を開けて

夕食をつまみに、父と娘の晩酌タイム

夫は、この上ない幸せそうな顔でしたよ(-ω-)/

ちゃんと半分は残しておいて

そして父の日の晩酌は、半分残しておいたあったこの焼酎

次女の頭をなでながら、長女のプレゼントの焼酎を飲んで

夫にとって、最高に幸せな父の日だったかもしれませんね(*^_^*)






宜しければ拍手をお願いします♪

20170508044249c16.jpg

昨日は母の日

皆さんは、どんな母の日を過ごしたのかしら?

我が家は、夫と二人のいつもと変わらない日曜日

母の日のプレゼントは、ゴールデンウィークにもらったので(^◇^)

帰省した長女が、ケーキを買ってきてくれたんですよぉ

ずっと前から食べたいと言っていたお店の、バターケーキ💛

2017051511135291f.jpg

本当はこちらを買ってこようと、頑張ってくれたんですって

でも2時間行列して待っても、2人前で売り切れてしまったそうです( ;∀;)

『回りのバタークリームがないだけで、他は同じだから許して!』

って長女は言っていたけど…

そんなに頑張ってくれたと思うだけで、嬉しくて泣きました

『そんなこと、全然…ありがとう…』

という声が、鼻声になってしまって…

長女に『そんなことで泣かなくていいよ(*´ω`*)』

その言葉に、今度はティッシュで鼻をかみましたよ(;´∀`)

何年も憧れていたお店のケーキ、とても美味しかったです💛

何気なく言っていた言葉を、覚えていてくれた

その事と相まって、最高に美味しいケーキでしたね



宜しければ拍手をお願いします♪

201703192106281d1.jpg

お彼岸ですねぇ(^◇^)

連休の3日間は、毎日とても暖かくて

ソメイヨシノの蕾も、ぐんと膨らんだような気がします

そうそう、我が家も定番の、お彼岸の牡丹餅を作りましたよ

長女も帰省してくれているので、ウキウキと♪

いつものように、仏壇に供えてから

いつものように、実家の父の所に届けます

父も早速仏壇に供えて

お彼岸の、いつもの光景ですねぇ(*^_^*)


いつものお彼岸を迎えることの幸せが、いつまでも続きますように

平凡な毎日を、積み重ねることが出来ますように

お彼岸の牡丹餅を作りながら、いつも思います

牡丹餅を美味しいと食べていてくれた、義父母も母も仲人さんも

今はお供えをする相手となってしまって

いつまでも同じ日々は続かないからこそ

いつもの日々は愛おしいなって、考えてしまうのでしょうね





宜しければ拍手をお願いします♪